★🎶 入   試   対   策 🎶★

 

◎理科・社会の授業の追加                    

9月からは、中3受験生の社会・理科の受験対策授業が加わり、授業日数が週4日に増えます。

◎毎週テストの追加 

 塾長および担当教師の作成する早乙女塾オリジナルの「毎週テスト」も、中3受験生は公立高校の第1志望校合格に向けて、歴史年号テスト不規則動詞テストリスニングテスト・文法テスト・漢字テスト・5文英

作文テスト・理科の確認テストなどが、新たに9月からスタートします。

◎高校の授業への自信 

 9月からは、従来の毎週テスト用のノートに加え、サタデーノート、国語の作文テストと5文英作文等用の

ノートづくりが課されます。塾生たちはこのノルマを充実させなければなりません。

 とても大変なことのように思えますが、これからの半年間で、これらをなんとか日常の習慣として定着させてもらいたいと願っています。そうした努力には、必ずご褒美(見返り)がもらえるものです。    

 この一連の受験対策プロジェクトは、単に入試のためだけではありません。早乙女塾の卒業生たちが、異口同音に絶賛しているように、高校進学後の貴重な宝物、財産、よりどころとして来るべき高校生活に反映されているのです。

 

早乙女塾の入試対策!   

 

 

不規則動詞テスト 

  read-read-read (A-A-A) 型が7単語

    make-made-made (A-B-B) 型が35単語

   see-saw-seen (A-B-C) 型が31単語

    come-came-come (A-B-A) 型が3単語

  の計76の不規則動詞を入試までに完璧に覚えます。

 これにより高校受験における、ほぼすべての

 動詞の過去形と過去分詞形を覚えた、と

 いう自覚と自信を持って高校の授業に臨めます。

歴史年号テスト

 

  重要事項の中から早乙女塾の厳選した150問を

  ♠編、♥編、☘編50問に分けて、マスターしていきます。

  第一段階(基礎編)はその出来事の起こった年を答えるテスト。

  第二段階(応用編)はその事項にかかわった人物や場所を答えるテスト。

  各クラスとも、最低限第一段階をクリアーしなければなりません。

リスニングテスト

 

    生全員に早乙女塾特製のオリジナルCDを配布。1週間に1題のペースで出題。

     不合格者は、原則として、塾で再テストを実施します。

国語作文テスト

 

    毎週1題のペースで、入試に出題される3つのパターンの内のどの課題が出されても

  10分以内で書き切れる方法を伝授。皆切磋琢磨して、驚くほど上達していきます。

     (毎回すべての塾生への添削指導と塾長の模範作文と上位3名の作文を発表。)